犬の登録

犬を飼う上で、飼い主の義務というものがあります。
法律で義務づけられているのですが、意外と知らない人もいるようです。
ひとつは畜犬登録で、生後90日以上の犬の飼い主には、登録が法律で義務づけられています。
犬を飼いはじめてから30日以内に市区町村の役所や出張所、保健所に行き、手続きをします。
登録料は、東京都の場合で3000円です。
登録をすると、首輪につける鑑札と、門や玄関に貼る標識が交付されます。
この登録は最初の1回だけで、以前のように毎年更新する必要はなくなりました。
ただし、住所を変更したとき、飼い犬が亡くなったとき、飼い主が代わったときは届出が必要です。
また、1年に一度、狂犬病予防接種(最初の接種は生後90日以降)を受けさせることも法的義務です。
毎年4月に日時と会場を指定して行われるほか、動物病院ではいつでも接種を受けることができます。
費用は地域や病院によって異なりますが、必ず行う様にしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。