訓練所

飼い主は、犬を導く立派なリーダーにならなければいけません。
愛犬の問題行動に飼い主である自分の力では対処できない、時間がなかなかとれない人は訓練所に犬を預けることがよいでしょう。
訓練士は、犬の訓練に間するプロです。
訓練士と多くの犬が集まる訓練所は、おもにしつけができていない犬が預けられますが、ほかにも犬の競技会やドッグショーに出るために訓練を受ける場合にも依頼することができます。
ただし、預けっぱなしでは何の解決にもならないということを忘れないでください。
犬は人をみて態度を変えますから、訓紳士には従っても飼い主には従わないということがよくありますので。
預託訓練所では、規則正しい生活や訓練で服従本能を引き出すと同時に、ほかの犬との共同生活で、社交性など、家庭の中では経験できないさまざまなことを学んでいくことができます。しかし、預けるだけでなく、飼い主も犬の扱い方を学ばなければ何の意昧も無いのです。
問題行動を起こすようになったのは、飼い主の責任でもありますので、飼い主もしっかりと学ばなければなりません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。