ハウス

室内犬を家の中で放し飼いにすることはしつけにおいてもよくありません。
放し飼いはやめて、扉のあるハウス(犬小屋)を必ず用意し、入り方をしつけましょう。
ハウスは犬にとって快適で安心できる自分だけの場所となるものです。
ハウスにはすぐに慣れますから、放し飼いをしている場合でも大丈夫です。
ハウスのしつけをしっかりしておくと、ペットホテルに預けるとき、来客や留守番をさせるときに安心してできます。
犬にとっても慣れさせておけば、余計なストレスをかけることもなく、休息になります。
また、ハウスを中心に行動し、ハウスから離れたところで排泄するという習性を利用し、トイレのしつけをスムーズに行うこともできます。
ハウスは、家の中に誰かがいても、忙しくて犬に目がとどかないときは、入れておく習慣にするとよいでしょう。
もちろん夜寝るときにも入れてください。
犬はハウスが安全な場所だとわかると、ひと眠りしに入ったり、掃除機をかけていたり、避難したいときに自ら入っていくようになります。
ハウスは快適で安心できる場所にしてあげなければいけませんから、悪いことをしたおしおきに入れるということはぜったいに避けてください。
ハウスの中でうるさくほえても、すぐに出さないこと。
その際は「ダメ」などとしかり、無視して、落ち着いて静かにできたときにハウスから出します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。