散歩のしつけ


室内犬でも散歩をさせましょう。
散歩は、運動不足やストレスを解消し、健康を維持するためにも絶対必要です。
また、外界やほかの犬、他人との出会いの場であり、社会性や協調性を身につけるうえで重要なのです。
移動のときはりリーダーが先頭を歩き、行先を決めます。
ですから飼い主がリーダーシップを発揮しなければいけません。
散歩は毎日同じ時間でなくて大丈夫ですので、時間やコースは飼い主が決めて下さい。
しばらく持たせてから連れて行く、都合のよいときに出かける、外に出るときに、ついでに犬も連れて行く、という考えでよいのです。
快適な散歩の歩き方は、犬を横につけ、飼い主の歩調に合わせて歩くリーダーウォークが基本です。
公園は犬の散歩には絶好の場所ですが、最近では犬禁止の公園が増えています。
マナーを守らない飼い主が多いからです。
散歩に出るときは、必ず袋とティノンュなどを持ち、犬が散歩中にフンをしたら必ず持ち帰ってください。
そして、犬嫌いの人もいることを忘れないように。
人が大勢いる場所で放さない、ほえたり近寄ったら制止するなど、他人に嫌われる犬にしないよう、飼い主がしっかりマナーを守ってください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。