食事のしつけ

犬を飼っているとついつい、おかわりやおやつを与えてしまいがちになります。
かわいい愛犬がえさを欲しがったら、ついいくらでもあげるという気持ちになってしまいます。
また、室内犬の場合「一目だけならいいか」と人間の食べ物を与えてしまう傾向にあるようです。
しかし、食事は犬の健康に直接影響を与えます。
そして一度もらいぐせがつくと、もらえるまでしつこくまとわりついたり、お皿から勝手に取って食べたりもします。
不健康で行儀の悪い犬にしないためにもしっかりしつけてください。
そして食事は飼い主がきちんと管理し、犬にマナーを身につけさせることが大事です。
食事のしつけと主従関係 食事のしつけは服従訓練にたいへん有効です。
犬の社会ではリーダーが先に食べ、リーダーの許可があってはじめて下位の者が食べられます。
まず飼い主が先に食事をするのを見せておき、その後犬に食事を与えるようにすると主従関係を認識させるために効果があります。
そして食事を与える前にスワレ、マテをさせ、飼い主の許可がないと食べられないということを認識させると、さらに服従心が高まります。
できるようになれば、食事を持っていくだけで、座るでしょう。
食事中は食べることに専念させます。
じやまをしたり、何かを命じたりしないようにしましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。