トイレのしつけ

トイレのしつけは、子犬を迎えた初日からはじめます。
ですからあらかじめトイレを用意をして、場所を決めておいてください。
トイレのしつけは、放し飼いにしているとむずかしいため、必ずハウスを用意します。
ハウスから犬を出してトイレで排泄させるという習慣をつけることが、覚えやすい方法です。
あとから場所をかえることは可能ですので、トイレは覚えるまでは移動してはいけません。
その際は洗面所のそばや浴室などにするとよいでしょう。
排泄後はティノンュでとれる便は取り、少量の尿ならそのままでもかまいませんが、犬はきれい好きで汚れたところではなかなかしたがらないので、できるだけ新しいシーツに取りかえます。
もしも、別の場所で排泄してしまっても、決してしからずに無視して片付けます。
そのかわり正しいところでしたときは、十分にほめるということを繰り返していくと、トイレのしつけができてきます。
ハウスから出したらまずトイレ、トイレをすませ犬のようすを見ていられるときは、自由にし、目を離すのであればまたハウスに入れます。
このようにハウスとトイレを結びつけ、粗相をしないような排泄管理をすることがポイントになります。
また、散歩に行かないと排泄できない犬になってしまいまいますので、排泄を散歩のときにすませることはやめましょう。
散歩に行かないと排泄できない犬になってしまう可能性があります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。